KNOW-HOW

健康食品のインフォマーシャルを作るときの4つのポイント!

TVインフォマーシャル

弊社株式会社Doppoは通販インフォマーシャル制作を行って十数年。その中で培ったノウハウを皆様に
お伝えしたいと思います!
今回は通販インフォマーシャルでよく見かける「健康食品」です。
今後加速する高齢化社会に伴い商品開発を行い、いずれはテレビ媒体で売り、行く行くは事業拡大をしていきたいと思っている企業様も多いと思います。
そこでテレビ媒体における健康食品のインフォマーシャル制作をするときの3つのポイントをご紹介します!

健康における関心やお悩みは人それぞれですし、商品(健康食品)が持つ特性や目的も様々です。
TVインフォマーシャルを制作する上では、視聴者のどのようなお悩みに効果的なのかを出来るだけピンポイントで、お悩みを解決できる理由を判りやすくお伝えすることがコツとなりますので、しっかり抑えておきましょう。

【1】主な購買層(ターゲット)を考える

健康食品の購買層は、健康や体調を気に掛ける50代後半からの年代がメインだと考えられています。
文字通り健康食品ですので、健康の維持や予防に役立つ商品が主な商材となりますので、健康に関心が出始める年代やお悩みを持つ年代に寄り添う事が大切ですね。
50代へのアプローチ、60代へのアプローチ、70代へのアプローチと年代によってその方法は様々です。
テレビインフォマーシャルでは、視聴者の気持ちに寄り添うことが重要になりますのでターゲットを明確にして狙い撃ちをする訴求内容にすることが大切です。
もし幅広い年代へのアプローチになると、幅広くお伝えする事は出来ますが、本当に伝えたい商品の良さが何となくそこがボケてしまう事もあります。
ある程度の購買層を絞り込むのも大切な考え方ではないでしょうか。

【2】広告における媒体考査と薬事法

弊社が広告のお手伝いをさせていただくとき、薬事法を十分に鑑みることも大切にしています。
健康食品は、医薬品では無く「食品」にあたります。ですのでどれだけ健康効果の高い食品でも病気や体の悩みなどの改善が出来るという表現は一切使ってはいけません。
普段手に入らない原料が効率よく含まれている、濃縮しているので効果的に栄養が摂れる、
四季にとらわれず安定的に手に入る、カプセルなので嫌な味がしない、など原料の素晴らしさや、
商品の特性をご紹介する事になります。TV媒体で放送する場合は、放送局においては媒体責任というものが生じます。過大広告や薬事法に触れる広告などは放送できません。それぞれのコンテンツは放送局ごとの考査を通じて、放送ができる承認をいただく必要があります。
この放送局の考査を通過して、はじめて通販番組やインフォマーシャルを視聴者へ届けることができます。

【3】愛用者の出演

実際商品をご利用いただいているご愛用者様への取材を行い、嬉しい感想をコンテンツに盛り込むことは重要です。あくまでも「個人の感想」としてですが、実際に喜んでおられる姿は、他の何よりも視聴者へお届けできる情報だと思います。具体的なお悩みは視聴者の共感を得ることが出来、解決したお喜びは明るい未来を想像する事ができます。
ベネフィット紹介はお喜びを中心に表現しますので、広告を発信する側の都合で作られているようにも受け取られ可能性があります。
本当に喜んでいらっしゃるお姿や、コメント、家族やパートナーの喜びなど視聴者に伝わるコメントを撮影できるかがポイントとなります。
出演される方は、お話が得意な方もいれば不得意な方もいらっしゃいます。どんな状態でも素敵なコメントを引き出すには、経験豊富なスタッフが携わる事が重要です。インタビューは質問力です。どんな設問でお話の動線を引くか準備してこそ良いコメントが引き出せます。嬉しい商品の口コミは商品を買う切っ掛けとなる大切な情報です。

【4】数字で魅せる

インフォマーシャルは、視聴者が持つお悩みに気づきを与えてその解決方法を提示するコンテンツです。
そこで必要なのが「裏付け」になります。
商品の効能効果を信頼してもらうには、それを裏付けるデータ、特に数値で表されたデータは必要不可欠でしょう。

例えば青汁のインフォマーシャルでは、厚生労働省が出している「1日に必要な野菜摂取量のグラフ」があります。
グラフのように数値として事実を突きつけられると視聴者自身がどのぐらい野菜不足かを気づくきっかけとなります。その事実を教えた後に「野菜不足に役立つ青汁」として紹介していきます。

また、他の事例としては「ご愛用者満足度○○%」や「売上本数○○万本」といった商品自体のことを表す数値も効果的です。

まとめ

いかがでしたか?簡単ではありましたが健康食品のインフォマーシャルを作りたいときのポイントでした。
実は、健康食品だけでなく美容製品や健康器具などでも同じことが言えるので、是非今後通販事業をお考えになられているご担当者様の参考になれば幸いです。

通販インフォマーシャル向けのクリエイティブを作りたい方へ

株式会社Doppoは、通販インフォマーシャルなど反響を起こす映像作りを得意としている制作会社です。
福岡市に本社を置き、東京にも営業所がございます。
是非、お問い合わせください。

TVでのインフォマーシャルや通販番組を行いたい方

企画制作の相談実施中

1社1回まで(~60分)

第一線で活躍するメンバーがあらゆるご相談にのります

映像・動画広告をはじめて行う企業様はもちろん、「企画や映像の内容をどうしたらいい?」「なぜ反響が悪いのか理由を知りたい」「どの媒体を選んだら良い?」などのお悩みがある企業様、広告代理店様へ、ビデオ会議などを通じてアドバイスを行います。当社に依頼する・しないは気にせずお気軽にご利用ください。

企画制作の相談予約